Category Archives: 結婚

愛する者だけが与えられるもの

DU022_L

アメリカの心理学者ポール・ライトは、友人で出会ったパートナーが与えてくれるものの大半はたいして重要ではなく、何よりも、友人や愛する者だけが与えられる売り買いできない利益が関係を維持させているのだ、と主張しています。

ソックスを洗濯したり、夕食を作ったり、庭を掘ったりすることは誰にでもできるけれど、それはあなたに感謝の念は抱かせても、あなたを彼らに感情的に引きつけることができるとは限りません。あなたをとてもよく理解している人しか、あなたに自信を持たせ、自分は価値ある人間なのだと再認識させてくれることはできないのです。

そんな人は簡単に取り替えられはしません。つまり、対人関係の中で最も重要な報酬は、特別な誰かに依存しているという関係と切り離すことができないものなのです。私たちは、生物学的に、かけがえの関係を築くように作られています。一歳になる前の赤ん坊の大半に、そのパターンをはっきりと見ることができます。

赤ちゃんは、自分の面倒をみてくれる人への愛着を示すと同時に、その他の人間への不信感と拒絶をあらわします。この選択能力は、長い幼児期の依存期間中必要な、面倒を見てくれる人物との絆を維持し、親密性による喜びの幼児体験を与えます。

赤ちゃんが愛着を持っていた人と離ればなれにされると、さまざまな問題が生じます。もし離ればなれの期間が非常に長く、関心や優しさを受けられないという状況が同時に起こっていると、成長してから対人関係に問題を生じることになるかもしれません。

出典:

関係を維持しようとする

DU154_L

友達が転勤になったり引っ越したからといって、私たちは彼らと一緒にいるために転職したり、毎週末一緒にいられるように計画を立てたりはしません。また、友達との間に徐々に精神的な溝が広がって行ったからといって、パートナーがそうなった場合ほどにはその理由や解決策を求めようとはしません。

どちらかが理不尽な要求をするようになれば、友人関係は続いてゆかないものですが、親密なパートナーはより努力して相手とうまくやってゆこうとするし、時が経つにつれてお互いが変化するのに合わせ、人格やライフスタイルや期待を微妙に変化させて関係を維持しようとするのです。

対人関係の重要性をあまり強調しすぎると、誰かを愛することは自分の人生を快適にするためだけの手段のように聞こえてしまうかもしれません。もちろん、対人関係は「ギブ・アンド・テイク」の側面を含んでいますが、だからといってパートナーたちは何かを得るためだけに与えるのでしょうか。
私はギブ・アンド・テイクを意識しないパートナーと出会うことができました。

☆どれだけ互いが必要かを知ることで、自分たちの関係の意味することを確認します。長期間に渡る関係が生む安心感は、一緒にいること自体を楽しむ気持ちにさせます。パートナーであることに完全に安心し、リラックスして愛情を表せるのです。それほど関係が確立されていないと、互いが情熱的な興奮の対象であることを確認するのにやっきになります。

出典:

パートナーはあなたの一部

DU072_L

パートナーはあなたをとてもよく理解していて、反応を示すことであなたの自己認識を強め、自分には価値があるのだと確認させてくれる、とても特別な存在なのです。このような人を、簡単にほかの誰かと取り替えることはできません。

パートナーはあなたの一部であり、そのため関係は自立したものになります。つまり、あなたがその関係に注ぎ込んだものと、そこから与えられたものの収支バランスに、関係が存続していくかどうかは左右されなくなるのです。あなたはパートナーが与えてくれる「もの」のために愛着を持つのでなく、パートナーが「彼であること」自体に価値を見出すのです。

出会ったパートナー以上にあなたをよく理解している人は存在しなくなるでしょう。この理由だけでも、パートナーの存在が人生の中でほかの人々よりも重要な位置を占めるのに十分ですし、ともに生きるということは同時に、あなたが物質的・精神的な支えが必要になったとき、ほかの誰よりもあなたのパートナーが助けとなってくれることをも意味します。

カップルの関係は深い関わりを必要とするため、私たちは進んでそれを維持しようとし、それが関係をより頼りがいのあるものにします。

夫婦間の問題の解決に最大の障害となるのが、この〈即時性の凍結〉だといっても過言ではないでしょう。
この凍結したく即時性〉を解かすには、「私は大事にされているとは思えない」といった本音の心情を表に出すことが必要です。
しかし、このような感情を吐露して、話し合うのはそう簡単にできないと思ってしまうのです。
「ほんとうは、私を苦しめたいのだ」とか、「本当のところ、私を愛してなんかいない」といった思いが相手の中にあるという疑惑の心に捉われてしまうからです。

出典: